FC2ブログ
プロフィール

つたや旅館 亭主

  • Author:つたや旅館 亭主

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

♪BGM

©Plug-in by PRSU

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

城崎温泉 美術と歴史の宿からお送りするブログ
兵庫県豊岡市城崎町湯島485 城崎温泉の桂小五郎ゆかりの宿からお送りするブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西山先生の喜寿お祝いのことなど
西山先生の、喜寿お祝いのことなどに、触れた部分を朗読いたします。
錚々たる顔ぶれの中で、西山先生にとりましても、私の父にとりましても、人生・一番晴れやかな、出来事であっただろう、と思われる一節です。

それでは 「私の城崎」の朗読は、こちらでお聞きください。

スポンサーサイト
西山先生の修業時代のことなど
松崎さんにつきまして、西山先生の修業時代のことなどを交えて、お話したいと思います。
西山先生は、一枚の絵を観るためだけに、松崎さんと一緒に遠方までわざわざ出かけるなど、松崎さんに対しては特別の思い入れが、あったようです。
誰でも、人生には起伏はつきものですが、西山先生の修業時代には、そうとう厳しく・苦しい時期が、あったようです。


それでは 「私の城崎」の朗読は、こちらでお聞きください。

松崎良太さんのことなど
「萩」の間の、床の間や障子の下には、
日本画の西山英雄先生の御弟子さんでもある松崎良太による絵が直に描かれています。
つたや本館・晴嵐亭には、直筆の作品が、数多く展示されていて、私達を、日々・楽しませてくれています。

松崎 良太(まつざき りょうた)さんは、1939年に長崎に生まれ、西山英雄に師事し、日展入選は19回を、数えます。

今日は、その松崎良太さんについて、朗読いたします。

それでは 「私の城崎」の朗読は、こちらでお聞きください。

西山英雄先生は、
洋画とまがうほどの力強いタッチで、
近代日本画に新しい可能性を拓かれ、
また、金沢美術工芸大学では教鞭を執り、多くの後進を育てられました。

学生達との交流、城崎での逸話等等、先生ならではの、個性が強くにじみ出ています。


それでは 「私の城崎」の朗読は、こちらでお聞きください。

西山 英雄先生と、泊まる所のなかった学生との、交流の一節です。
当館の部屋が、先生のアトリエとなっていたという時代の、今ではかんがえられない 心温まる 雰囲気が伝わってきます。


それでは 「私の城崎」の朗読は、こちらでお聞きください。

小川 芋銭について
今日の朗読に登場します、
小川 芋銭(おがわ うせん)は、wikiによりますと

「生涯のほとんどを現在の茨城県龍ヶ崎市にある牛久沼の近く(現在の牛久市内)で農業を営みながら暮らした

。画業を続けられたのは、妻こうの理解と助力によるといわれている。画号の「芋銭」は、「自分の絵が芋を買う

銭(金)になれば」という思いによるという。
身近な働く農民の姿等を描き新聞等に発表したが、これには社会主義者の幸徳秋水の影響もあったと言われ

ている。また、水辺の生き物や魑魅魍魎への関心も高く、特に河童の絵を多く残したことから「河童の芋銭」とし

て知られている。」

とあります。

城崎と竹野の間に「田久日」という平家の落武者の村がありますが,そこを描いた画が、なかなかの逸品となって
いるようで、但馬とも縁のある方のようです。



それでは 「私の城崎」の朗読は、こちらでお聞きください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。