FC2ブログ
プロフィール

つたや旅館 亭主

  • Author:つたや旅館 亭主

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

♪BGM

©Plug-in by PRSU

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

城崎温泉 美術と歴史の宿からお送りするブログ
兵庫県豊岡市城崎町湯島485 城崎温泉の桂小五郎ゆかりの宿からお送りするブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴力団追放運動とその後 その3
昭和51年6月、暴力団同士の縄張り争いで、殺人事件が起こったのです。
城崎の町が一ヶ月間孤立状態になるほどの、緊張の連続の場面が続きます。
そして全国に城崎のニュースが流れたりたりして、城崎の客足にも大きな影響が出たり・・・というように、
今の城崎の、落ち着いた和やかな様子からは、とても考えられないような雰囲気が伝わってきます。


それでは 「私の城崎」の朗読は、こちらでお聞きください。
スポンサーサイト
暴力団追放運動とその後 その2
暴力団追放運動は昭和45年から昭和50年頃の話です。

暴力団追放決起大会の開催、ラーメン屋台の道路交通法違反での取り締まり、警察署長と観光協会長が先頭にたって、町ぐるみの運動という、最終目標を暴力団の一掃においた、迫力満点の話が続きます。


それでは 「私の城崎」の朗読は、こちらでお聞きください。
暴力団追放運動とその後 その1
きょうは、「わたしの城崎」 のクライマックス 暴力団追放運動 と私の父との関わりあいのところをお話いたします。
町がにぎやかになるとともに、やくざが入ってきたのです。
腹巻をして刺青をした百人近くの若い組員が、小さな町にあふれ、恐喝や脅し、売春などが目にあまるようになってしまい、夜は怖くて外が歩けるような雰囲気ではなくなってしまいました
そこからが、すごい展開になるのです。


それでは 「私の城崎」の朗読は、こちらでお聞きください。
愉快なアメリカ女性と控え目な中国の女性との思い出
きょうは、対照的な性格の、中国のSさんとアメリカの女性ハレブンさんとの思い出です。
父はどう対応すればよいのか、分からなくて相当気詰まりだったようです。

それでは 「私の城崎」の朗読は、こちらでお聞きください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。