プロフィール

つたや旅館 亭主

  • Author:つたや旅館 亭主

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

♪BGM

©Plug-in by PRSU

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

城崎温泉 美術と歴史の宿からお送りするブログ
兵庫県豊岡市城崎町湯島485 城崎温泉の桂小五郎ゆかりの宿からお送りするブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脇坂甚内にまつわることなど
今回は、歴史上でもとりあげられている 脇坂甚内 にまつわる思い出話です。

wikiによると脇坂甚内は

木下藤吉郎に自ら頼み込んで家臣となり、小牧・長久手の戦いでは伊勢・伊賀方面で滝川雄利の伊賀上野城を攻略するなどの手

柄をあげ、天正13年(1585年)5月、秀吉より摂津国能勢郡に1万石を与えられた。8月に大和国高取で2万石、10月には淡路国洲

本で3万石を与えられた。
その後は加藤嘉明や九鬼嘉隆らと共に水軍衆の指揮官を務め、九州征伐、小田原征伐や朝鮮出兵などに従軍した。九州征伐では

、豊前国に到着後、臼杵城の大友宗麟の元に兵糧米を輸送している。以後、秀吉の命で黒田孝高の指揮下に入っている(天正15

年2月14日豊臣秀吉朱印状)。また、薩摩国の平佐城を小西行長らとともに攻撃開城させた。小田原征伐では海上から伊豆下田

城を攻め落とし、小田原城受け取りの検使を務めている。

詳しくはこちらで

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%87%E5%9D%82%E5%AE%89%E6%B2%BB

-----------------------------------
馬上少年過ぐ (新潮文庫) [文庫]
司馬 遼太郎 (著)

賤ヶ岳七本槍の武将として武名を轟かせた脇坂甚内(安治)の生涯を描いた「貂の皮」( てんのかわ )

------------------------------------
たつの市のブログにも、紹介されています。
http://www.city.tatsuno.lg.jp/rekibun/tennokawa.html


思わぬ所で、意外な出会い がいろいろとあって 感心してしまいます。


それでは 「私の城崎」の朗読は、こちらでお聞きください。


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。